加山青年部協議会会長ブログ

  • HOME
  • 加山青年部協議会会長ブログ

スプリングカンファレンス2015

全国産業廃棄物連合会青年部協議会第5回全国青年部会長会議(スプリングカンファレンス2015)が2月5日(木)沖縄県那覇市にて開催されました。
今回のカンファレンスでは今までのカンファレンスとは違い、全国の会長の皆様を6つのグループにシャッフルさせていただき、コーディネーター役として青年部協議会の幹事の皆様に各テーブルについて頂き、グループディスカッション、プレゼンテーションというスタイルで開催しました。
議題としましては、第9回全国大会の検証、CSR2プロジェクト継承と進化の検証、次年度以降の全体事業の方向性協議、各都道府県の問題点検証と4つのテーマにて行いました。
各テーブルとも白熱した議論で各地の想いや考え方等、青年部らしく正直な気持ちをぶつけ合いあっという間の4時間でした。
次年度以降、CSR活動は継続していこうという前向きな意見で、4月以降の幹事会での皆様の意見を参考に事業計画を立てさせて頂きます。
また懇親会では沖縄らしい郷土料理が並ぶ中、沖縄県産業廃棄物協会安里会長様、坪井副会長様、沖縄県環境部比嘉様、那覇市環境部来間様、新垣様にもお越し頂き大変ありがとうございました。
最後になりますが、この2年間スプリングカンファレンスを担当頂きました木村副会長本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
また4回目の沖縄での開催ということで、前田会長様をはじめとします沖縄県青年部の皆様、本当にお世話になりました。心より感謝申し上げます。
 

明けましておめでとうございます

皆様、新年明けましておめでとうございます。2015年のスタートです。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
さて、昨年11月に開催させていただきました青年部協議会第9回全国大会も無事終了いたしました。改めまして実行委員会のメンバーの皆様、本当にありがとうございました。また全国より600名近い会員の皆様、ご参加頂き誠にありがとうございました。
本年の青年部事業といたしましては来る2月5日(木)に沖縄県におきまして全国青年部部会長会議(第5回スプリングカンファレンス)が開催されます。今後の青年部の方向性等を協議する重要な会議です。皆様からの積極的なご意見等いただき、活発なカンファレンスになることを期待いたします。
7月には通常総会の開催となります。
また2016年には、青年部協議会第10回全国大会は北海道・東北ブロックにて開催することも決定しております。
北海道・東北ブロックの皆様、素晴らしい全国大会になることを楽しみにしております。
親会連合会と共に積極的に意見交換を重ね、廃棄物処理業界の明るい未来に向かって活動していくことをお誓い申し上げ、甚だ簡単ではございますが、2015年も皆様にとって素晴らしい年になることを祈念いたしまして、年頭のあいさつとさせて頂きます。

第9回全国大会

11月21日(金)13:30より全国産業廃棄物連合会青年部協議会第9回全国大会中部大会In名古屋を開催させていただきました。約600名の青年部会員にご参加いただきました。皆様大変ありがとうございました。
当日は、愛知県環境部長杉浦様、資源循環推進監岩田様、名古屋市環境局長西村様、副局長浅井様、環境省顧問谷津様、産業廃棄物課角倉課長様、中部地方環境局所長池田様、小岩課長様、横浜市立大学影山先生、カーボンフリーコンサルティング中西社長様、全国産業廃棄物連合会石井会長様、森谷専務理事様、全国産業廃棄物政治連盟國中理事長様、静岡県協会鈴木会長様、秋田専務理事様、岐阜県協会粥川理事長様、長谷部専務理事様、三重県協会木村会長様、筒井専務理事様、愛知県協会永井会長様、安藤専務理事様、青年部協議会初代会長碩様、二代会長浜田様、公私とも大変お忙しい中ご参加いただきまして大変ありがとうございました。
CSR2プロジェクト継承と進化の集大成としてこの全国大会を開催させていただきました。
4年間にわたりCSR2プロジェクトを進めてまいりましたが、本プロジェクト始動当初と比較すると比べものにならない位、会員のCSR活動に対する意識、取り組みが変わってまいりました。
このプロジェクトを通じて会員各社の資質が向上し、業界団体の認知の向上に繋がったものと考えます。
全国大会の為に活動するのではなく、当たり前の活動として今後継続してまいります。また企業として人としてCSR活動の大切さ、重要性等会員企業への浸透ができたのではないかと存じます。
今回の全国大会では優秀な取り組みに対しての表彰、各都道府県の特色ある環境教育の報告、8ブロック対抗によるCSR活動の発表と盛りだくさんの全国大会でした。
表彰されなかった取り組みも多数の優秀な取り組みがございました。会場横にも掲示させていただきましたが、全国各社より審査委員会にて協議された活動報告をご覧になり皆様の今後のCSR活動の参考になったものと思います。
この様に4年間にわたるCSR2プロジェクトも関係各所の皆様のご協力があり成し遂げることができました。本当にありがとうございます。感謝申し上げます。
最後になりますが、第9回全国大会の企画、運営をしていただきました中部ブロックの皆様、ありがとうございました。皆様のご協力により大成功に終了することができました。

CSR2プロジェクト継承と進化 審査会開催

本日13:00より全国産業廃棄物連合会会議室において、CSR2プロジェクト継承と進化の審査会が開催されました。
環境省より角倉産業廃棄物課長様、審査委員長でもあります、横浜市立大学影山先生、連合会より森谷専務様、事務局を担当していただいておりますカーボンフリーコンサルティング中西社長様、私とオブザーバーで仲田統括幹事の合計6名にて開催させていただきました。
報告総数は107プロジェクトでした。多くの取り組みを報告いただきましてありがとうござました。
内訳は下記の通りです。
1.ご当地CSR活動部門 13
2.コンプライアンス部門 8
3.環境貢献部門 16
4.社会貢献部門 9
5.地域貢献部門 17
6.ステークホルダーとの共同実施部門 16
7.ぴりり部門 17
8.人づくり部門 11

上記107のプロジェクトより事前に事務局で選抜いただき、本審査会にて受賞者の決定をいたしました。
受賞総数は全部門合わせて12事例となりました。
受賞者の方には事務局よりご連絡申し上げますので、当日お楽しみにしていてください。

審査委員会でも素晴らしい特色ある報告を選抜するにはかなり苦労しました。
受賞者だけが素晴らしい取り組みということではなく、どれも素晴らしい活動でした。
各社、各団体での取り組みを今後も継続していただき、我々の業界認知の向上、各社の資質の向上につなげていっていただければと存じます。

今後も皆様方とともにCSR活動を続けてまいりましょう。

取り組み事例の報告

皆様、こんにちは いよいよCSR2プロジェクト継承と進化の取り組み事例の報告期日が9月末と迫ってまいりました。 各社、各団体におけるCSR活動の報告事例をどしどしご報告お願い申し上げます。 前回のブログでも書かせていただきましたが、前回賞が取れなかったから、特に目新しい活動をしていないからという理由で報告をしないということは止めてください。 前回は賞が取れなくても、ずっとCSR活動を続けているということで賞が取れる可能性もございます。 どんな小さなCSR活動でも結構です。 まずは報告です。 宜しくお願い申し上げます。

CSR2プロジェクト継承と進化 エントリー数確定

皆様、こんにちは
CSR2プロジェクト継承と進化のエントリー数が確定しました。
64社の新規エントリーを頂き、合計で1,182社のエントリーとなりました。
多数のエントリーを賜りありがとうございました。
これからは8月末までの会社、各団体のCSR活動を取りまとめ頂き、ご報告をよろしくお願い申し上げます。
「昨年報告したけど賞を頂けなかったので報告をやめる」ということはやめてください。
一つの取り組みを長く続けていることも立派なCSR活動です。
是非、各社の取り組みをどしどしご報告いただきたく存じます。
報告期日は9月末までですので、多数のご報告をよろしくお願い申し上げます。

全産連青年部協議会第15回通常総会

青年部協議会第15回通常総会を下記の通り開催させていただきました。
皆様のご協力を賜り全議案無事可決承認されました。
また、総会には全産連より石井会長様にもご臨席賜りました。大変有難うございました。

開催日時:平成26年7月25日(金)16:00
開催場所:青山ダイヤモンドホール
議事
第1号議案:平成25年度事業報告承認の件
第2号議案:平成25年度収支決算報告承認の件
      平成25年度監査報告
第3号議案:平成26年度事業計画案承認の件
第4号議案:平成26年度収支予算案承認の件
第5号議案:会則一部改正の件

通常総会終了後、環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課より外山洋一様に「産業廃棄物行政の現状と課題について」ご講演を頂きました。

講演会終了後は、懇親会を開催致しました。
全国より119名のご参加を賜り有難うございました。
また懇親会には環境省産業廃棄物課長の山本様、ご講演いただきました外山課長補佐様、全産連より石井会長様、森谷専務様にもご臨席賜りました。
皆様大変お忙しい中、大変有難うございました。

「CSR2プロジェクト継承と進化」も2年目を向えました。今年は集大成ともいえる第9回全国大会が開催されます。全国大会に向って、各企業・団体におけるCSR活動、各都道府県における環境教育、各ブロックにおけるCSRの取組のまとめと忙しくなって参りますが、皆様のご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。
これからは各分野におけるCSR活動の取りまとめ、報告の時期に入ってまいります。
どしどし取り組み事例をご報告頂きますようお願い申し上げます。
また優秀事例に関しては表彰も行います。
ふるって報告いただきますようお願い申し上げます。

最後になりますが、7月末までエントリーを受け付けております。
あと5日ありますので、未だエントリーされていない企業・団体の方はエントリー宜しくお願いもうしあげます。

産業廃棄物処理業経営塾にて講演させていただきました

第11期産業廃棄物処理業経営塾にて講演させていただきました。
講演内容は廃棄物処理経営におけるCSRの取組と題しまして、全国産業廃棄物連合会青年部協議会での「CSR2プロジェクト継承と進化」について、また当社におけるCSR活動の取組等お話させていただきました。
今回の経営塾の中では青年部会員はまだ数社しかいらっしゃいませんでしたが、CSR2プロジェクト継承と進化へのエントリー、報告についてPRをさせて頂きました。一社でも多くのエントリーを心より期待いたします。

CSR2プロジェクト継承と進化

皆さん、こんにちは
久しぶりのアップとなります。
CSR2プロジェクト継承と進化ですが、新規エントリーを5月末を持って一旦締め切りました。
ただ新規エントリー数が31社と少ないのが残念です。
表彰対象について一部減点にはなってしまいますが、今後も7月までエントリーを受付ますので、こぞってエントリーお願い致します。
またエントリーいただいている企業、団体の皆様におかれましては、どしどし各社、各団体のCSRの取組をご報告願います。一昨年の岡山大会以降、同じ活動を継続している場合でもどしどし報告をお願い致します。
長く続ける活動も立派なCSR活動です。
皆様何卒宜しくお願い申し上げます。

お礼に伺いました

本日、環境省へお礼に伺いました。2月28日に開催させていただきましたスプリングカンファレンス2014におきまして、環境省谷津事務次官様、在原様にお越し頂き、谷津事務次官様には「環境政策の今後の動向」と題し、ご講演を頂きました。大変ありがとうございました。温暖化防止、静脈産業の海外展開、青年部協議会と環境省が今以上にパートナーとなり、環境省が考える環境政策を一緒になって取り組んでいこうとエールも頂きました。
また、産業廃棄物課塚本課長様には4月16日の青年部協議会幹事会において、エネルギー関連の助成金の説明会をしていただく予定です。また7月25日に開催されます第15回通常総会にもお越しいただく予定です。
業界認知の向上、会員企業の資質の向上に向けて今後もCSR2プロジェクト継承と進化を続けてまいります。
尾崎直前会長様、仲田統括幹事様、本日はご同行頂き大変ありがとうございました。
| 1/7PAGES | >>
このページの上へ